RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

BAR ZIN Blog

歌舞伎町星座館で働く飲食店労働者の日記(?)
<< 11周年やらせて頂きます | main |
雪兎くんバースデー2018
0
    女房役。なんて言葉があります。

    投手にとっての捕手とか。


    こんな店と僕相手に六年もの間務めてくれている
    僕にとってまさに女房役と言える雪兎くんバースデーを

    腐女子が大手を振るっていられる今のご時世
    男同士だから素敵な妄想される方もいるでしょうが、
    そんな感じではないです。

    まさに古い感じの「女房」

    それも清貧で尽くす理想的且つ古典的な奥方ではなくて
    昭和中期生まれのがちゃがちゃ言うヤツ。

     結婚したことないからリアルはわからないですけど、
    既婚者で変わり者の嫁さんを娶った方ならわかってくれるはず。
     仕事で疲れて帰ってきたときに
    「キスマイの○○と○○の事だけど、どうしたらいい!?」
    そんな訳の分かんないこと言うタイプ。

    くそどうでもいいです。

    「俺って、やっぱり人を好きになったらダメなんですかね。」

    「権力者と知り合って目の前に三百万見せられたんですよ!」

    くそどうでもいいです。

    僕の返事はいつも

    「そうか」「頑張ってるな」「すごいよ」

    めんどくさいから読む気もない新聞を見てカラ返事をしてる旦那です。

    男同士ですし、いちおう僕は上司に当たりますから

    「なんなの?!聞いているの?!」とかさすがに言われませんが。

    付き合い長い分だけ彼も僕を見抜いてて

    いつもおざなりな態度をする僕に

    「私はあなたじゃなくてもいいから!」と暗にアピールしてきます。

    僕も「俺は俺でやれるから」なんて暗にアピールします。


    そんな関係ですが、僕が発狂するときはいつも守ってくれました。


     長年の伴侶ってこんな感じなんでしょうかね。

    身内のつまらない話でたいへんもうしわけございません。

    10月6日土曜日BarZINにて彼のバースデーをさせて頂きます。
    もしお時間ありましたら寄って頂けたら嬉しいです。


    | - | 00:24 | comments(0) | - | - | - |